キャリアアップ
イメージ画像

【不動産フィリピン】フィリピン不動産の魅力

かつての日本の成長力を皆さんは覚えていますか。

アジアは今、かつての日本の高度経済成長期に当たると考えられ、
日本の1960年代、1980年代の大きな飛躍がこれからのアジアにも期待されます。
やはり日本以外の国、アジアに投資すべきだと思います。

そこで考えられるのが、フィリピンであります。

今のフィリピン経済はかつての大阪万博あたりに位置しています。
非常に成長しています。

2000年頃から、欧米系の数多くのIT企業が、フィリピンに相次いでコールセンターを設立、
そして多くの雇用を生み出しています。

コールセンターなどのビジネスプロセスアウトソーシング(以下、BPO)分野が
新しい産業として成長しています。

フィリピンはアジアでも最大の英語圏であり、英語人材が豊富で、
今後も工業を中心に発展している中国、ベトナム型というより、
BPO産業、IT産業が発展しているインド型の成長が予測されています。

GDPを支出面から見ると、民間消費支出が70%以上を占めています。

近年、海外就労者からの送金額が過去最高となるなど家計が潤い、消費意欲も高まっています。
海外セレブもフィリピンのメイドを指名します。

フィリピンのメイド、そして弁護士は持ち前のホスピタリティ精神で、
香港、カナダ、アメリカ等でも活躍し、その質の高さは世界トップクラスと言われています。

その他としては、フィリピンは海外資本の受け入れに積極的な面もあります。

外国資本に対して、業種によっては一定期間の所得税免除などの優遇処置が取られています。

同様に一定以上の資金を持つ外国人に対して、永住権を発行するなど、外国人の受け入れにも積極的です。

実際も皆さんもフィリピンへ渡航してみてください。
成長経済を肌で感じる、ぜひご経験していただきたいと思います。
フィリピンもアジア特有の活気があります。

人々がエネルギーで満ち溢れています。

さすがにこのエネルギー、バイタリティー精神には、日本人にはもう見えなくなっています。

まとめますと、
欧米のIT企業のコールセンター進出、外国資本企業の積極的な行け入れ、
受入が多くなる事により、所得の多い欧米人がフィリピンにたくさん来ます。

この現象はフィリピン不動産価格の上昇につながります。

そして一定以上の資金を持つ外国人に対して、永住権を発行するなど、
外国人の受け入れにも積極的です。この一定の資金を持つ外国人に対し永住権を発行、
この現象も同じく不動産価格上昇の要因となります。

このあたりを考え、
フィリピンも資産分散の一環の国と判断し、フィリピン不動産を取得する理由になるでしょう。



フィリピン不動産 最新情報

このページの先頭へ