キャリアアップ
イメージ画像

【不動産フィリピン】フィリピン不動産、フィリピンがなぜ注目されているか


不動産でフィリピンが選ばれる理由1 フィリピン 人口の増加

現在約9,000万人で毎年約2%強の割合で増加しており2040年には1億4,000万人まで増加する統計データ

が出ています。人口の60%弱がルソン島に居住しており、そのうち、不動産分野でも注目されているフィリピン、マニ

ラ首都圏の人口は約1,000 万人でフィリピン最大の経済圏となっています。年齢構成を見ると、平均年齢は21 歳と非常

に若く、20歳以下が人口の半数近くを占めております。そのため、今後の経済成長、住宅需要はますます旺盛になるこ

とが予想されます。人口増加は、それに伴い住むところが必要になるため、フィリピンの不動産価格上昇に大きく影響

していきます。

不動産でフィリピンが選ばれる理由2 フィリピン 安定した経済成長

1999年以降、GDPの成長率は3%~7%程度で推移し、安定した経済成長を示しています。ベトナムやインドネシアと共に

NEXT11の一角にも数えられており、今後も経済発展が期待できる国の一つとして考えられています。そして今ある先進

国を例にとっても、経済発展に伴い不動産価格も上昇、フィリピン不動産に関しても、同様の現象が起きることが期待

されています。

不動産でフィリピンが選ばれる理由3 フィリピン 人件費が安い

フィリピンでは人件費が非常に安く、日本の10分の1以下です。実際、人件費が安いという理由、そして、英語が公用語

という理由から欧米企業がコールセンターの設置を進めてきています。欧米企業の管理者がフィリピン、マニラあたり

の高級コンドミニアムに住みます。欧米企業がフィリピンへ進出してきているこの現象が、フィリピン不動産、不動産

価格を押し上げる要因の一つと言えます。

不動産でフィリピンが選ばれる理由4 フィリピン 海外資本の受け入れに積極的

外国資本に対して、業種によっては一定期間の所得税免除など優遇措置が取られています。同様に、一定以上の資金を

持つ、外国人に積極的に永住権を発行するなど、外国人の受け入れにも積極的です。外国資本に対しての受入に積極的

なため、フィリピンに資本が流れ込み、この現象もフィリピン不動産、不動産価格の上昇につながると見られます。

不動産でフィリピンが選ばれる理由5 フィリピン アジア唯一の英語圏

アジア唯一の英語圏で、きれいな英語を話す人が多く、中国や韓国からの語学留学先として人気があります。フィリピ

ン不動産を取得する事により、フィリピンで語学留学をする。そんな選択肢もありではないでしょうか。

不動産でフィリピンが選ばれる理由6 フィリピン 安定した気候

年平均気温は26~27℃で、1年を通じて非常に安定した快適な気候です。日本の冬は寒いです。日本の冬のように体に

負担のかかる寒い時期はありません。この温暖な気候もフィリピン不動産を取得される方が多い理由でしょう。

不動産でフィリピンが選ばれる理由7 フィリピン 欧米並みの医療技術

医療技術も大幅に遅れているイメージがありますが、マニラ首都圏では近代的な設備が整った病院施設があり、最先端

の医療を受けることも可能です。フィリピン不動産取得後、実際フィリピンで生活した時、心配なのは医療だと思いま

す。このような欧米並みの医療技術、フィリピン不動産を購入する方が増えている理由の一つでしょう。

不動産でフィリピンが選ばれる理由8 フィリピン 不動産市場

フィリピン不動産市場は2004年から回復を見せ、現在は年平均9~13%程度の上昇を見せています。フィリピン、マカ

ティ地域の住宅、及びコンドミニアムの賃貸料の上昇を見ると4年間で実に60.38%の上昇を見せています。このデータ

はフィリピン不動産の購入を考えた時、安心させられるデータになります。

Tags

2011-11-30 | Comments Closed |

Category:不動産フィリピン投資

【不動産フィリピン】フィリピン不動産を取得後、不動産投資家の皆さんに高い利回りを


フィリピン不動産、フィリピン、首都マニラ、
マカティの One Centoral Two Central
Global Asia Investment ではたくさんの物件をご購入して頂いており、
任意で管理を依頼された方には、
コンドテル形式での運用を予定しています。

コンドテル利用者のメリットとして、

短・中・長期滞在が選択できる

高級ホテルよりお手頃である

高級ホテルと同等のサービスがある

ビジネス街の中心に位置する

といことが上げられます。

コンドテル形式とは、コンドコンドミニアムホテルの略称でユニット・オーナーがプロパティー・マネージメ
ントにユニットの運営を委託することです。
なお、オーナーが使用しない期間はコンドテルとしての収入が見込めるしくみになっています。

コンドテルのサービスとしてコンシェルジュ、セキュリティー、インターネット、
ケーブルTV、朝食、ハウスキーピングや空港送迎といったサービスも提供します。

こちらを行うことにより、低い空室率、高い賃貸料、メンテナンスの低価格を
実現させ結果として投資家・物件所有者に対し高い利回りを得る役割を果たします。

各ユニットオーナー様へ10%~15%程度の利回りを想定しています。

現在、フィリピン、マカティ中心部の高級ホテルの宿泊料金は、
35㎡ 程度の部屋で、朝食付きで、
税込で 1泊 : 150から200 USドル 程度となっています。
週末になると、更にこれよりも少し高くなります。

ホテルの利用者は、数日間の短期での旅行者も多いですが、
1週間単位で借りている海外からの出張者もたくさんいらっしゃいます。

実際の例といたしまして、

ドシュタニ・ホテル        1泊 6,800ペソ

ワンセントラル(コンドテル)   1泊 4,500ペソ、

そして、Globalで扱っている、ワンセントラル、ツーセントラルは、
全室、ホテルコンドミニアム仕様となっており、家具、家電製品も統一され、
24時間体制でフロントにコンシェルジュが立ち、管理をされています。

ワンベッドルームの部屋の広さは 50㎡ あり、
ホテルで言うならばスイートタイプで、リビングルームと寝室も分かれています。
ジム、サウナ、プールは高級ホテルにひけを取らない
非常に高いグレードとなっています。

価格がお手頃で設備が充実していれば、マカティ周辺に宿泊する方々の心を掴み、
十分シェアを握れます。

Tags

2011-11-29 | Comments Closed |

Category:不動産フィリピン投資

【不動産フィリピン】フィリピン不動産取得のため永住権を取得する


フィリピンのリタイアメントビザ( SRRV クラシック)をご紹介したいと思います。
永住権は銀行融資も受けられ不動産も購入できることが利点です。

メリット

1:永住権である。

2:銀行の融資枠の拡大。

3:SRRV取得の為の定期預金を1ヵ月後、コンドミニアム購入に使用することが出来ます。

4:免税でUS7,000ドル相当の家具、電化製品、身の回りの品を持ち込むことが出来ます。

5: 外国人就労許可証(AEP)を取得することにより、就労することが出来ます
(ただし、年金申請者を除く)。

6:新幹線や在来線のグリーン車に乗り放題のジャパンレールパスを購入できる。

条件

1. 35歳以上であること

2. 無犯罪者であること

3. DBP(デベロップメント・バンク・オブ・ザ・フィリピン)に
       US ドルで下記の金額の定期預金をすること

    a. 35歳以上49歳以下の方 50,000ドル

    b. 50歳以上の方 20,000ドル

    c. 50歳以上の方で年金受給者 10,000ドル

    *預金額を下回る場合、調査管理費を毎年支払う必要があります。
     a-750 ドル、b,c-500 ドル

フィリピン不動産を取得するための、
最新の情報はこちらよりお問い合わせお願い致します。

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=82788

Tags

2011-11-28 | Comments Closed |

Category:不動産フィリピン投資

【不動産フィリピン】フィリピン不動産、フィリピンがなぜ注目されているか


不動産でフィリピンが選ばれる理由1 フィリピン 人口の増加

現在約9,000万人で毎年約2%強の割合で増加しており2040年には1億4,000万人まで増加する統計データ

が出ています。人口の60%弱がルソン島に居住しており、そのうち、不動産分野でも注目されているフィリピン、マニ

ラ首都圏の人口は約1,000 万人でフィリピン最大の経済圏となっています。年齢構成を見ると、平均年齢は21 歳と非常

に若く、20歳以下が人口の半数近くを占めております。そのため、今後の経済成長、住宅需要はますます旺盛になるこ

とが予想されます。人口増加は、それに伴い住むところが必要になるため、フィリピンの不動産価格上昇に大きく影響

していきます。

不動産でフィリピンが選ばれる理由2 フィリピン 安定した経済成長

1999年以降、GDPの成長率は3%~7%程度で推移し、安定した経済成長を示しています。ベトナムやインドネシアと共に

NEXT11の一角にも数えられており、今後も経済発展が期待できる国の一つとして考えられています。そして今ある先進

国を例にとっても、経済発展に伴い不動産価格も上昇、フィリピン不動産に関しても、同様の現象が起きることが期待

されています。

不動産でフィリピンが選ばれる理由3 フィリピン 人件費が安い

フィリピンでは人件費が非常に安く、日本の10分の1以下です。実際、人件費が安いという理由、そして、英語が公用語

という理由から欧米企業がコールセンターの設置を進めてきています。欧米企業の管理者がフィリピン、マニラあたり

の高級コンドミニアムに住みます。欧米企業がフィリピンへ進出してきているこの現象が、フィリピン不動産、不動産

価格を押し上げる要因の一つと言えます。

不動産でフィリピンが選ばれる理由4 フィリピン 海外資本の受け入れに積極的

外国資本に対して、業種によっては一定期間の所得税免除など優遇措置が取られています。同様に、一定以上の資金を

持つ、外国人に積極的に永住権を発行するなど、外国人の受け入れにも積極的です。外国資本に対しての受入に積極的

なため、フィリピンに資本が流れ込み、この現象もフィリピン不動産、不動産価格の上昇につながると見られます。

不動産でフィリピンが選ばれる理由5 フィリピン アジア唯一の英語圏

アジア唯一の英語圏で、きれいな英語を話す人が多く、中国や韓国からの語学留学先として人気があります。フィリピ

ン不動産を取得する事により、フィリピンで語学留学をする。そんな選択肢もありではないでしょうか。

不動産でフィリピンが選ばれる理由6 フィリピン 安定した気候

年平均気温は26~27℃で、1年を通じて非常に安定した快適な気候です。日本の冬は寒いです。日本の冬のように体に

負担のかかる寒い時期はありません。この温暖な気候もフィリピン不動産を取得される方が多い理由でしょう。

不動産でフィリピンが選ばれる理由7 フィリピン 欧米並みの医療技術

医療技術も大幅に遅れているイメージがありますが、マニラ首都圏では近代的な設備が整った病院施設があり、最先端

の医療を受けることも可能です。フィリピン不動産取得後、実際フィリピンで生活した時、心配なのは医療だと思いま

す。このような欧米並みの医療技術、フィリピン不動産を購入する方が増えている理由の一つでしょう。

不動産でフィリピンが選ばれる理由8 フィリピン 不動産市場

フィリピン不動産市場は2004年から回復を見せ、現在は年平均9~13%程度の上昇を見せています。フィリピン、マカ

ティ地域の住宅、及びコンドミニアムの賃貸料の上昇を見ると4年間で実に60.38%の上昇を見せています。このデータ

はフィリピン不動産の購入を考えた時、安心させられるデータになります。

Tags

2011-11-24 | Comments Closed |

Category:不動産フィリピン投資

このページの先頭へ