キャリアアップ
イメージ画像

【不動産フィリピン】フィリピンで英語を学ぶことがこれから主流になるでしょう


日本からわずか3時間30分の距離にあるフィリピン、
現在非常に注目されている国であります。

その注目する理由のひとつにフィリピンは英語が公用語ということが挙げられます。

お店に行っても、
『Hello! May I help you?』と
普通に言ってきます。

逆にこちらが英語をしゃべれないと、
なぜ話せないのだという眼差しで見てきます。

それだけ国に英語が浸透しているのです。
韓国ではフィリピンへ英語留学は当たり前の考えとなっています。
アジアの中でもフィリピンの英語は比較的きれいなのです。

さらに注目すべき点は、物価が安いことで日本と比べると3分の1以下、
生活コストが安く、そして何より、英語を学ぶという視点で見ますと、
授業料が欧米と比べますと3分の1以下となっています。

このあたりを考えると、これから日本人もフィリピンで英語を学ぶ事が主流になるのではないでしょうか。
フィリピン不動産を取得し、拠点をフィリピンに置くことは、
意味のあることではないかと思っています。

※ご紹介している事例や数値、市場動向の見通しなどは、
この文章を書いた時点での数値を元にした参考例であり、
将来の利回りや運用成果、市場環境の変動等を保証するものではありません。

記載されている内容は、情報の提供を目的としたものであり、
投資の勧誘を目的とするものではありません。

Tags

2012-02-13 | Comments Closed |

Category:不動産フィリピン投資

Trackbacks & Comments

Comments are closed.

このページの先頭へ